"「自分の理想とする賃貸物件がなかなか見つからない」ということで悩んでいる人も多いかと思います。
それは賃貸の探し方が間違っており、ネットと不動産屋を併用してポイントを抑えながら探す必要があるのです。入居者から2ヶ月分の礼金をいただいたとしましたら、1ヶ月分を不動産屋に支払うというのが一般的なこととなります。
つまり賃貸物件の契約者が大家さんに変わって、不動産屋に対して紹介料を支払っているということになるのです。

 

礼金の一部というのは大家さんが不動産屋に支払うこととなり、それは言わば紹介料という形になります。
大家さんがわざわざ自腹を切って不動産屋へ紹介料を支払う習慣は無く、礼金が紹介料として習慣になっているのです。
礼金というのは、戦後の焼け野原で家の無い人達が「大家さん、家を貸してくれてありがとうございます」という、お礼の意味から始まりました。
東京や埼玉など関東を中心として礼金制度が広まり、その名残りとして現在でも残っているのです。"



今でも残る礼金の使われ方ブログ:20年10月22日

シェイプアップ中に体重を測ると、時々、
体重は減っているのに、体脂肪率が増えている
なんてことがありますよね。

なぜ、こんなことが起こるかというと…

それは、
肉体の水分が電気を通して、
その通る電気の割合で体脂肪が計算されているからなんです。

肉体の水分の分布は
時間帯によって変化します。

寝ている時、体内の水分は肉体の中心部に集まります。
逆に活動中は、肉体の先端の方に多く分布します。

つまり、あさ起きてすぐは、
水分がまだ中心部にある状態ですから、
体脂肪計の電流が通る脚や手には
水分が少ないということになります。

そのときに体脂肪率を測れば、
必然的に体脂肪率は、高めに計測されてしまいます。

立ち仕事が多かった日などは、
重力によって、水分が脚の方にたまりやすくなっていますから
上に乗って脚に電流を流すタイプの体脂肪計だと、
体脂肪率が低く計測される場合もあります。

肉体の水分量や分布が一番安定しているのは、
22時の入浴から二時間後ぐらいの寝る前だといわれています。

大事なのは、毎日できるだけ同じ時間帯、同じ条件で測ることです。
毎日、同じ体脂肪計で、同じ時間帯に、
できれば同じ条件で測ることができれば、
数値の正確な増減を知ることができます。

逆に測る時間帯もまちまち、
一週間前は入浴前に測ったけど、今日は入浴後だったり、
測る条件も違ったりすると、その数値はあまり参考にはなりません。

入浴だけではなく、体操の前後なのか、食べる事の前後なのか、
揃えたい条件はたくさんあります。

なお、上に乗るタイプの体脂肪計の場合は、
両脚の膝や大腿部がくっつかないように立ちましょう。

くっついていると電流の流れ方が変わって、
正確な数値が測れませんよ。