今でも残る礼金の使われ方

今でも残る礼金の使われ方


今でも残る礼金の使われ方
"「自分の理想とする賃貸物件がなかなか見つからない」ということで悩んでいる人も多いかと思います。
それは賃貸の探し方が間違っており、ネットと不動産屋を併用してポイントを抑えながら探す必要があるのです。入居者から2ヶ月分の礼金をいただいたとしましたら、1ヶ月分を不動産屋に支払うというのが一般的なこととなります。
つまり賃貸物件の契約者が大家さんに変わって、不動産屋に対して紹介料を支払っているということになるのです。

礼金の一部というのは大家さんが不動産屋に支払うこととなり、それは言わば紹介料という形になります。
大家さんがわざわざ自腹を切って不動産屋へ紹介料を支払う習慣は無く、礼金が紹介料として習慣になっているのです。
礼金というのは、戦後の焼け野原で家の無い人達が「大家さん、家を貸してくれてありがとうございます」という、お礼の意味から始まりました。
東京や埼玉など関東を中心として礼金制度が広まり、その名残りとして現在でも残っているのです。"




今でも残る礼金の使われ方ブログ:20年12月30日

子どもがどうして近視になるのかというと、
それは脂肪不足に原因がある。

視力を向上させていくためには
ビタミンAが有効なのだが、
このビタミンAは脂溶性なので、
体内の脂肪が不足すると、
それにつられてビタミンA不足に陥って、
近視になってしまうのである。

子どもは脳を発達させるために、
脂肪を優先的に脳に回すので、
食べる事において脂肪が少ないと、
途端に脂肪不足に陥ることになる。

たとえ脂肪を摂取しても、
子どものおやつにスナック菓子を与えていると、
脂肪の吸収を阻害してしまい、
脂肪を取っている筈なのに脂肪不足になる。

スナック菓子を食べる子どもほど
近視になっていることが多いが、
これはスナック菓子のために
脂肪の吸収が阻害されたからなのである。

また
視力は四六時中使用されるので、当然疲労する。
その疲労を取るのが、ビタミンB2なのだが、
このビタミンB2の天敵は、実は水である。

子どもが喉が乾いたからといって
水を飲み過ぎていると、
体内のビタミンB2が奪われて、
視力が低下してしまう。

この手の子どもは元気がないものだが、
水をガブ飲みしているから、
体内にビタミンB2が決定的に不足しているのである。

子どもの目というのは、実はストレスに非常に弱い。
冷たい飲み物を飲み過ぎていると、
体にストレスがかかり、腎臓が傷んでしまう。

子どもに飲み物を与える時は
絶対に冷蔵庫で冷やした物を与えるのではなく、
常温の物を出すか、温めた物を出すようにすべきなのである。

精神的なストレスでは、
「強圧的な親子関係」が
子どもの腎臓を傷めてしまい、
視力を下げてしまうことになる。

実際、近視になる子どもの多くは、
母親があれやこれやと非常にうるさいケースが少なくない。
今でも残る礼金の使われ方

今でも残る礼金の使われ方

★メニュー

敷金について理解をしておこう
今でも残る礼金の使われ方
賃貸契約は基本2年間となります
大手不動産屋のメリット・デメリット
情報伝達が遅いフランチャイズ不動産屋
地域密着型の不動産屋
不動産屋では自分の希望をそのまま伝えよう
家賃の上限は決して崩さないで
方角は自分の目で確かめよう
携帯電話の電波が届かないマンション


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)噂の賃貸情報マガジン