"適当に賃貸を探し、そのまま契約をしてしまうと、後々後悔をするようなことがきっと出てくることでしょう。
後悔をしないためにも情報収集をしっかりと行い、足を使って不動産屋を回る必要があるのです。更新料の手続きを不動産屋に代行してもらうことによって、その代行料を家賃の半月分を、大家さんが支払うこととなります。
つまり、不動産屋と大家さんにとっての更新料は、定期的な収入の一つということになるのです。

 

賃貸物件の更新料というのは、特に法律で明記されているものではありません。
また更新料を支払った場合、不動産屋の収益になるのではなく、物件の大家さんや管理会社に支払われます。
賃貸契約というのは一般的には2年間というのが基本とされています。
契約が満了する2年後に再度契約を更新する場合には、一般的に家賃の一ヶ月分を支払う必要があります。"



賃貸契約は基本2年間となりますブログ:21年01月18日

子どもを健康に育てたいと思うなら、
24時間3度の食べる事をしっかりと与えて、
それ以外ではおやつを与えないのがベストだと思う。

子どもは午前10時や午後3時には
お腹がすき始めるのだから、
この時間帯には子どもを外に連れ出して、
外で遊ばせれば良い。

小学生なら何かしらの習い事をさせて、
おやつにありつけないようにしてしまえばいいのだ。

…とは言いつつも、
いつも子どもたちからの
おやつの要求をかわし続けることはできない。

例えば
大雨の日などは自宅に子どもたちがいるので、
おやつを母にせがむようになる。

こういう場合、
子どもたちの要求を否定できたとしても、
他の違う所で反抗して来るので、
非常に厄介なことになってしまう。

お腹をすかしても
我慢するということが身についていないために、
その怒りはかなり激しいものがある。

そこでこの手の理不尽な要求には
「木の実」を与えることで、
子どもたちの願望を満たしてあげよう!

「木の実」は
子どもたちにとって、
最高のおやつになりうる。

「木の実」には多少の糖分が含まれているので、
血糖値の低下を抑えることができるし、
しかも、植物性蛋白質と物性脂肪が豊富に含まれているし、
ビタミンやミネラルも大量に含んでいるので、
子どもの健康に害がないどころか、逆に健康の増進につながる。

しかも、
木の実には多少の糖分が含まれているが、
食べる事になる頃にはもう充分に血糖値が下がるようになり、
正規の食べる事になれば、
きちんと食べる事を食べるようになるのだ。

市販のおやつを与えると、
子どもが食べる事を食べなくなったり、
好き嫌いを言い出して困っている母にとってみれば、
木の実というのは非常に有難いおやつなのである。